bbs
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]



[790] Re:[789] コユンババ 投稿者:r 投稿日:2014/09/07(Sun) 21:40  
ユンボの派生語だよ。
他にもゴウユンバ、ギユンバ、ユンバオ、ユンビョウなどがあるんだけど、
そのほとんどがユンピョウを意味してるみたい。
ウラル・アルタイ語族。


[789] コユンババ 投稿者:黒王 投稿日:2014/09/05(Fri) 12:38  
コユンババっていう曲が本当にあります。オリエントな感じがする曲です。

その語源を答えなさい。




[788] 空音re-open 投稿者:r 投稿日:2013/07/24(Wed) 00:02  
前代未聞の器屋、空音さんが東中野から早稲田へ移転されました。
以前のこじんまりした雰囲気もとても好きだったのですが、
今度はより広く、かなり居心地のいい空間になっています。
お茶を飲んでいると時間を忘れます。
http://d.hatena.ne.jp/ku-ne/20130720
移転の記念として、お買い物をした方に僕のイラストが付いたメモ帳がプレゼントされるそうです。
http://www.gallerysway.com/bbs/memocho.html


[787] Re:[786] [785] [784] [783] [782] [781] [780] R15 投稿者:黒王 投稿日:2013/07/19(Fri) 12:57  
金魚も?

つづきが楽しみだ


[786] Re:[785] [784] [783] [782] [781] [780] R15 投稿者:r 投稿日:2013/07/08(Mon) 00:08  
その後、馬淫馬淫様はバーミヤンでバイトをしながら、
ばい〜んばい〜ん大会に向けた修行に励みました。
ボスの支援があったそれまでと比べて
経済的に苦しい状況を強いられましたが、
初めて自分自身の夢に向かって歩み出せたことに対する
自信と喜びに満ち溢れておられました。

修行と言っても
勝敗の基準が明確でない競技のために
いったい何を努力すればいいのだと
お思いになられる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし選手たちは思い思いの練習やトレーニングを考案して
勝利をめざします。
中にはまったく見当違いな練習をして
1年間を無駄に過ごしてしまう者もいます。
またそれとは対照的に意識せずにしていたことが、
後々考えると効果的な練習になっていて、
期せずして上位ランクに食い込める者もいます。
競技の内容のみならず
その練習方法にも独自の解釈と実践を迫られるのが
ばい〜んばい〜ん大会なのです。

この大会で優勝をめざすことは
もちろん馬淫馬淫様にとっても楽なことではありませんでした。
ボスの下を離れてから6年間は下積みの期間を強いられました。
たとえある年に良い成績が残せても
次の年には予選落ちするなどということもざらにありました。
多くの者はこのつかみ所のない大会に絶望し姿を消していきます。
中には気を狂わせてしまう者も多くいますが、
狂わなかった者はたいていその後事務職に就きました。
そして馬鹿げたことに本気になっていたことを
自分だけの秘密にして残りの人生を送ります。

馬淫馬淫様はばい〜んばい〜んと言うときに、
あることを心がけて練習に励みました。
それは見た人が人間本来の情けなさを
意識せずにはおれないような表情をつくることでした。
それが正解かどうかは誰にも確証がもてないところですが、
ご自身は自分に相応しい戦い方はそれしかないと
直感しておられるようでした。
ジャンケンで負けたせいで家族を失った男、
お買い物に出かけたまま無人島にたどり着いてしまった主婦、
そんなことをイメージしながら練習に励みました。
そしてそのような練習を積み重ねた結果、
馬淫馬淫様は顔のそれぞれのパーツに
意図したバランスと量で力を配分できるようになりました。

ある日、馬淫馬淫様は奥様に小松菜を買ってくるように頼まれ
間違えてエビアンを買って帰ってきてしまったことがありました。
そのとき馬淫馬淫様はあまりの申し訳なさから、
日々努力を積み重ねてきたばい〜んばい〜んと言う時の顔で奥様に謝りました。
すると奥様は「ごめん、その顔見てらんない」と言って顔を背けました。
後で馬淫馬淫様が理由をしつこく問いただしたところ、
奥様は「あの顔を見ると沼地の真ん中に放り出されたような気持ちになる」とおっしゃられました。
馬淫馬淫様はそれを聞いていけると確信しました。
必殺技沼地の誕生でした。

ここまでお話してもうお気づきになられた方も多いと思います。
そうです。馬淫馬淫様とは2011年のあの最後のばい〜んばい〜ん大会において
見事に優勝を果たされたバインバイン選手のことです。
決勝戦における両選手の顔の完成度の高さから
もはやこれ以上のばい〜んばい〜んは望めないと
主催者自らが思わず大会の終焉を宣言してしまったという伝説の年の大会です。
みなさんの記憶にも新しいことでしょうから、
今さら振り返る必要もないとは思うのですが、
決勝戦の様子だけ簡単にお伝えしておきましょう。

試合は1セット目2セット目ともに相手のユリネンコ・ユリネコフ選手の有利に運びました。
ユリネコフ選手が初回から必殺技のボンバリング・ボンバ・ボンバを連続で繰り出してきたためです。
馬淫馬淫様は準決勝で痛めていた左足首のせいで反撃の隙を窺えない状態でおられました。
苦しい姿勢から攻撃を仕掛けるも「ば、ばい、ば、ば、ばい・・」と小刻みなジャブを繰り出すのが精一杯のご様子でした。
最終セットが開始されてからもユリネコフ選手によるボンバリング・ボンバ・ボンバの攻勢は衰えず、
もはや一方的な流れのまま試合の決着がついてしまうのではないかと誰もが予想しました。
ロシア語なまりのばい〜んばい〜んの凄みに気圧され、もはや成す術なしと誰もがあきらめかけたその時でした。
チャンスが訪れたのは試合終了のゴングが鳴る10秒前でした。
試合会場である野外特設ステージの上空が突然巨大な光に包まれました。
会場にいる選手や観客の一同はその強烈な光を浴びて目を覆いました。
誰もが何が起こったのか理解できない状況でした。
そのときただ1人冷静な判断を続けていたのが馬淫馬淫様でした。
これを最後のチャンスとみた馬淫場淫様は、咄嗟に必殺技の沼地を炸裂しました。
隙を突かれたユリネコフ選手は完全に無防備な体勢だったため
もろに沼地をあびてしまいました。
もろに沼地を浴びたところで何か問題があるわけではないのですが、
ユリネコフ選手はそのままダウンしてそれ以後立ち上がることはありませんでした。

強烈な光を放つ物体は何事もなかったように上空から去っていきました。
光は人々に何ら影響を与えませんでした。ただ光っただけでした。
まぶしさから開放された観客たちは沼地の余韻を残している馬淫馬淫様の顔と
倒れているユリネコフ選手の姿を見て試合の勝敗が決したことを理解しました。
一瞬の沈黙の後いっせいに歓声が起こりました。
万年優勝候補と言われていた馬淫馬淫様が本当に優勝してしまったのです。
本人を含め誰もが起きえないと思っていたことが
光を放つ謎の物体のせいで起こってしまいました。
好むと好まざるとに関わらず、やらない男はやる男へと変わったのです。

優勝後のインタビューは誰もが記憶するところでしょう。
「おめでとうございます。必殺技沼地が見事に決まりました。
あの瞬間どんなことを考えておられましたか」というインタビュアーに対して、
馬淫馬淫様はこう答えられたのでした。
「そうですね、なぜかは分からないのですが、
今まで出会ったすべての人のことを思い浮かべていました。
バーミヤンバイトスタッフの方々、バーミヤン社員スタッフの方々、
アナウンサー養成学校の友だち、アナウンサー養成学校の先生方、
マッハ読み教室の友だち、マッハ読み教室の先生方、
ひまわりチャイルド知育の友だち、ひまわりチャイルド知育の先生方、
よく行くコンビニのスタッフの方々、横井さんの家の犬、横井さん、
新聞の勧誘員の方、真道光臨会の勧誘員の方、近所のおねぇさん、
近所のおねぇさんのおねぇさん、近所のおねぇさんのおとうとさん、
近所のおねぇさんのおねぇさんのおとうさん、近所の金城さん、
近所の金城さんの金魚さん、遠方の金城さん、遠方の金城さんの近所さん、
金城武さん、台湾の金城武さん、不夜城関係者の方々、街の小鳥たち、
・・・・・・・・・・・・、ひまわりチャイルド知育の事務スタッフの方々、
ひまわりチャイルド知育・・・・・・・・・、自分を好んでくれた人々、
自分を嫌っていたかもしれない人々、お父さん、お母さん。
そしてばー〜んばい〜んと言いながら
それらすべての人々に心の中でありがとうと言いました。
それが最後に考えていたことです。」

この発言に自分が含まれていたことに喜びを隠せなかったボスは、
勢いステージに上がってしまいました。
上がってしまった勢いそのまま息子を抱きしめました。
馬淫馬淫様もそれを受け入れました。
二人の間の溝は完全に埋まったと思われたのです。
そのときは。

つづく


[785] Re:[784] [783] [782] [781] [780] R15 投稿者:r 投稿日:2013/06/20(Thu) 01:00  
その事を知ったボスは、すぐに馬淫馬淫様を実家に呼びつけました。
ボスは馬淫馬淫様を目にするや怒りを顕にしました。
「お前はいったい何をやっているんだ!」
馬淫馬淫様はすべてを予期していたかのようにただ黙って聞いておられました。
しかしその態度はかえってボスの怒りを買いました。
ボスによる叱責は3時間程続きました。
馬淫馬淫様はそれでも何も言わずにただじっと聞いておられました。
父を裏切ることの当然の報いを自ら進んで受けているようでもありました。

業を煮やしたボスが言いました。
「黙っていちゃわからんだろっ!何とか言えっ!」
馬淫馬淫様はゆっくりと頭を上げました。
そして静かな表情でこうおっしゃられました。
「僕には夢があるたい」
「なにっ!」
先に怯んだのはボスの方でした。
息子が自身と違う夢をもっているかもしれないという
あまりにもありふれた可能性をボスが初めて意識した瞬間でした。
しかしそのことを受け入れるにはあまりにも長い時間が費やされていました。
「お前の夢は世界一のアナウンサーになることだろうがっ!」
「それは父さんの夢たい。僕の夢じゃなか」

ボスはうろたえました。
息子を信じ切っていた愚かな自分、
夢を託すことは儚くも息子の要望を聞き入れないことでしか成立し得なかった事実、
そして今の今までそのことに完全に無自覚であった自分。
さまざまな思いがボスの胸中をめぐりました。
ボスはそれ以上聞きたくはなかったのかもしれません。
しかしもう後戻りすることはできませんでした。
「何なんだ・・お前の夢というのは・・」
「ばい〜んばい〜ん大会に出ることばい」
「ばい〜んばい・・・何なんだそれは」
「ばい〜んばい〜んゆう時の顔を競う大会ばい」
「何だってっ!?」
「ばい〜んばい〜んゆう時の顔を競う大会ばいっ!」
「な・・何を言ってるんだお前はっ!!」

一瞬空気の流れが止まりました。
残念なことにボスはばい〜んばい〜ん大会のことをご存知なかったのです。
これまで費やしてきた時間と労力が無に帰し、
築き上げたはずの信頼関係が脆くも崩れ去っただけでなく、
息子は今、いかがわしい道へ進もうとしている。
ボスはそう感じたかもしれません。
「そんなくだらんことにうつつを抜かしてる場合かっ!」
その声には自分よがりな夢を託したいという気負いではなく、
今さらながら父として息子を正しい方向へ導かなければという義務感が滲んでいました。
しかしその思いは2人の間を空虚に漂うだけでした。

「くだらんことなかっ!
ばい〜んばい〜んゆう時の顔を競うばいっ!
ルールはシンプルばってん、それゆえ奥の深い競技たいっ!」
「いいかげんにしないかっ!そんなことに夢中になってどうなる!
それにお前!さっきからその博多弁はいったいなんだっ!」
「なんだとはなんやっ!博多出身やもん、博多弁で何のわるかっ!」
ボスは腕を振り上げました。
馬淫馬淫様はもちろん標準語をしゃべれなかったわけではありません。
あれだけ厳しい英才教育を受けてきたのですから。
馬淫馬淫様はおそらくボスを試していたのです。
初めて父の前で意志を告げる自分、
博多出身で博多弁を話す自分、
そしてそんな自分をボスがありのままの受け入れてくれるかどうかを。

振り上げられた拳は、
次の瞬間馬淫馬淫様の頬を打ちました。
部屋には鈍い音が響き、馬淫馬淫様は倒れ込みました。
ボスは震えていました。
抑えきれない怒りと自分がしたことへの後悔の念がせめぎ合っているようでした。
しばらくして馬淫馬淫様はゆっくりと起き上がりました。
その表情は不思議と穏やかなものでした。
「ごめんね、父さん。
これで心置きなく出て行ける。
やっぱりあなたは自分の夢をかなえるべきだったよ」
そう言うと馬淫馬淫様は家を出て行かれました。
ボスはその場に泣き崩れました。
二人の運命が交わらないレールの上をたどり始めたのはこのときからでした。

つづく


[784] Re:[783] [782] [781] [780] R15 投稿者:黒王 投稿日:2013/06/14(Fri) 13:00  
そういうことだったんですか。

ということは、
「印旛沼は地元ではない、地元ではないんだ。」
と言っていた理由が明らかになりさえすればこの物語は完結するんですかね?どうですかね?

つづきが楽しみだ


[783] Re:[782] [781] [780] R15 投稿者:r 投稿日:2013/06/13(Thu) 23:28  
奥様が天からの授かり物を得たのは今から27年前のことです。
立派な男の子でした。
ボスは大喜びし、その第一子を馬淫馬淫と名づけられました。
私は以前、ボスの機嫌が良いときを見計らって、
恐る恐るその名前の由来をお聞きしたことがあります。
ボスは答えを渋りましたが、やがて「響きが良かったから」と照れくさそうに打ち明けてくださいました。
私はご子息への同情を禁じ得ませんでしたが、
当時は変わった名前をキラキラネームと呼んでもてはやす傾向がありましたから、
それに紛れて何とかなるだろうと不安な気持ちをやり過ごしておりました。

馬淫馬淫様がご成長なさるにつれ、
ボスは自分が果たせなかった夢をご子息に託す傾向を強めていきました。
世界一のアナウンサーになるという夢です。
ボスは馬淫馬淫様を自分と同じアナウンサー養成学校へ入学させるべく、
幼い頃からさまざまな英才教育を受けさせました。
指導者がフラッシュカードをめくるとわめく訓練や、
文庫本をぺらぺら振っては速読と言い張る訓練など
さまざまなカリキュラムが特別に組まれておりました。
中でも一番多くの時間を費やしたのは博多弁の矯正でした。
馬淫馬淫様も大変優秀なお方でしたから、
ボスの要求にはすべて完璧に応えておられました。

努力の甲斐あって、
馬淫馬淫様は見事にアナウンサー養成学校にご入学されました。
そしてご入学早々、頭角を表すようになります。
学校には全国からアナウンサー志望の若者が集っていましたが、
幼い頃から厳しい英才教育を受けている馬淫馬淫様の敵ではありませんでした。
たいていの者は「押す」という標準語を「おっぺす」と言い換えてしまうなど、
発言の随所に方言の痕跡を残していましたが、
馬淫馬淫様はその辺りも難なくクリアしておられました。
自他ともに認める将来を嘱望されたアナウンサー候補。
馬淫馬淫様のことを知る誰もがそう思っていました。

しかし入学してから2年目、
馬淫馬淫様は自分の歩んできた道に疑問をもちはじめるようになります。
このまま親の敷いたレールの上を歩んでいていいのか、
そもそも自分は本当にアナウンサーになりたかったのか。
さまざまな疑問が馬淫馬淫様の考えを支配するようになりました。
しだいに軽部氏による特待生アナウンスコースの授業にも身が入らなくなってきました。
今日の占いカウントダウンを見て始まったばかりの一日を案ずることもなくなりました。
その内学校への足は遠のき、
日がな一日喫茶店でぼんやり過ごすことが多くなりました。
目的のないまま欽ちゃんの仮装大賞にでも出てみようかと思うこともありました。

そんなときでした、
馬淫馬淫様があの大会のことを知ってしまったのは。
そうです。年に1回全国を股にかけて催される一大イベント、
ばい〜んばい〜ん大会です。
大会のことを知った馬淫馬淫様は、ほぼ反射的に呼ばれているとお感じになられたことでしょう。
思えばボスがご子息に馬淫馬淫という名を授けられたそのときから、
皮肉にも自分の夢を託し得ないことが決定付けられていたのです。
運命の悪戯とはこのことを言うのでしょうか。

それから馬淫馬淫様は、ばい〜んばい〜ん大会のことしか考えられなくなってしまいました。
ボスから与えられた重すぎる夢の下で長年抑圧されてきた感情は、
すべてばい〜んばい〜ん大会へ向けて解き放たれてしまいました。
大会の目的がいまひとつ明瞭でなかったこと、
そのことがかえって馬淫馬淫様に底なしの魅力を感じさせてしまったのかもしれません。
それまでつねにアナウンサーとして明瞭であることを強いられてきた反動もあったことでしょう。
ともかくも馬淫馬淫様はそれ以来ばい〜んばい〜ん大会のために生きていくこと心にを決め、
来る日も来る日も鏡に向かって「ばい〜ん!ばい〜ん!」と叫び続けたのでした。

つづく


[782] Re:[781] [780] R15 投稿者:黒王 投稿日:2013/06/11(Tue) 12:58  
そのボスってまさかバイン何とかっていうやつじゃあ・・
いっ、いや、ありえん・・だって奴は・・・
でももし同一人物だとしたらこりゃー株価が下がるぞ・・

つづきが楽しみだ


[781] Re:[780] R15 投稿者:r 投稿日:2013/06/09(Sun) 23:44  
えっ、これ年に1回じゃないの!?。
鳥取砂丘にR15指定区域ってまた・・。

もちろんありますよ^^
ただ、残念ながら詳細をお伝えすることはできないんです。
詳細をお伝えすれば私は消されます。
でも概要を広めることは推奨されています。
詳細は伝えずに概要を広めろ、これが我々のボスの指令です。
ボスはたいへん気難しいお方です。
暑いと言うのでクーラーをつけてさしあげると、
涼しくて冷えるねと言ってクーラーを消します。
肩が凝ったというので揉んでさしあげると、
こりゃピップいらずだねと私をからかいます。
たいへん気難しいお方です。

ボスは博多出身です。
でも博多弁はしゃべりません。
綺麗な標準語を話します。
昔アナウンサー養成学校に通っていたのです。
当時は同級生にも一目おかれていたそうです。
でも、ボスは卒業してもアナウンサーにはなりませんでした。
なぜ?と聞いても無駄です。
ボスは伏目がちになるばかりです。
その代わりにボスは鳥取砂丘R15指定区域の推進委員長になりました。
ボスはご自身の役職に大変な誇りをもっています。
この活動が地域住民の幸せにつながると信じて疑いません。

ボスは外見上一般の中年男性と何ら変わるところはありません。
趣味はもっぱらパチンコだとおっしゃっていました。
以前に一度休日の街を歩くボスをお見かけしたことがあります。
茶色のカーディガンを着て、マルエツの前を通り過ぎるところでした。
小さな子供(お孫さん?)の手を引かれていたのですが、目は死んでいました。

ボスには長年連れ添った奥様がいらっしゃいます。
保守的なボスにふさわしく、一歩さがって夫を立てる奥ゆかしさをそなえた女性です。
そんな奥様がいるにも関わらず、ボスは1度不倫に走ったことがあります。
でも、その不倫は未遂に終わりました。
相手とは歳が30も離れていたそうですが、しょぼくれて帰ってきたところを奥様に問い詰められ、
ボスは「EXILEの話ばっかされて引いた」と自ら打ち明けてしまったそうです。
そんなボスを見て奥様は一言「馬鹿ね」とおっしゃいました。
それからボスは奥様を以前にも増して愛するようになったのですが、
同時に奥様の控え目な態度の裏に何か芝居がかったものを感じるようになってしまいました。

つづく


[780] R15 投稿者:黒王 投稿日:2013/06/07(Fri) 12:57  
鳥取砂丘にR15指定区域があるんですか?あるんだったら詳細を教えてください。僕は無いと思っています。


[779] 「小さき壷」展DM 投稿者:r 投稿日:2013/03/26(Tue) 00:20  
オープン当初からの不思議な佇まいで
東中野の一画に特殊な磁場を形成している器屋
空音さん(http://www.ku-ne.com/)で4月13日、14日、20日、21日に行われる「小さき壷」展のDMのお手伝いをしました。
http://www.gallerysway.com/bbs/small_pot.html
小さい壷がたくさんあると言われたら、
そりゃあ誰だって心躍ります。




[778] Re:[777] [774] ばい〜ん、ばい〜ん 投稿者:黒王 投稿日:2013/02/26(Tue) 12:54  
ボクタチバカネ〜
バイ〜ン、バイ〜ン
チュミミ〜ン、チュミミ〜ン


[777] Re:[774] ばい〜ん、ばい〜ん 投稿者:r 投稿日:2013/02/03(Sun) 23:17  
そう、ばい〜んばい〜ん大会は始まった。
荒くれ者の集う年に1度の大会だ。
今年はクリリンも悟空も出る。謎の老人ジャッキーチュンも出る。
ヤムチャは怪我で欠場だ。
おいしいもの食べて安静だ。

さあ、よってらっしゃい見てらっしゃい。
世にも珍しい奇人変人のお祭りだよ!
なんと言っても話題は、そう、優勝候補のバインバインだ。
奴は最近調子にのっている。
おもちをいっぱい食べれたと言って調子にのっている。
そんな奴はこらしめてやるにかぎる。
俺は奴におもちをいっぱい食うやつはムッツリなんだとホラを吹いてやったぜ。
そしたら奴はびびって「ちがうもん」と言いやがった。
こんなワイルドな話あるかよ。
奴は優勝間違いねぇよ。

さあ、よってらっしゃい見てらっしゃい。
これを見逃したら来年までないよ!
バインバインは博多出身だ。
だが、博多弁はしゃべらない。
綺麗な標準語を話すぜ。
昔アナウンサー養成学校に通っていたんだ。
同級生にも一目おかれていたぜ。
でも、奴は卒業してもアナウンサーにはならなかった。
なぜ?って聞いても無駄さ。
奴は伏目がちになるばかりだ。
その代わりに奴はばい〜んばい〜ん大会の優勝候補者になった。
優勝者じゃない。優勝候補者だ。
奴はそれで充分満足している。
それが奴の優勝できない理由さ。
価値観って人それぞれなんだぜ。

さあ、よってらっしゃい見てらっしゃい。
泣く子もだまる平和の式典だよ!
バインバインは妻子もちだ。
中学の同級生と早めに結婚したらしい。
奴は家族思いのいい奴さ。
休みの日には子供を遊園地に連れて行くらしい。
遊園地ではジェットコースターに乗るらしいぜ。
もともと絶叫系は好きではないが、
それが奴の幸せな家族のイメージなんだと、
酒を飲みながらとくとくと語っていたぜ。
そんな泣ける話この世にあるのかよ。

さあ、よってらっしゃい見てらっしゃい。
世紀の一大エンターテイメントだよ!
バインバインにはおばあちゃんがいる。
親以上にかわいがってもらったらしい。
大人になってもお年玉をくれるんだと、
奴は照れながら話していたぜ。
そのおばあちゃんが去年他界した。
奴は大泣きに泣いたぜ。
あれから奴はまるで抜け殻のようだ。
その状態で今大会に挑むぜ。
これ以上無いバッドコンディションだ。

さあ、よってらっしゃい見てらっしゃい。
誰も予想できないドラマの始まりだよ!
バインバインに強さはない。
あるのは弱さばかりだ。
でも奴はこの大会に参加すると決めた。
仮装大賞と迷ったが、結局こっちに決めたんだ。
ばい〜んばい〜んと言う時の顔を競うだって?
そんなばかげた大会が他にあるかよ。
ばい〜んばい〜んをどう解釈するのか、
それは選手1人1人にゆだねられている。
ばい〜んばい〜ん大会は解釈の力を問うているのさ。
人が石や木を道具と解釈する時、
そこにはばい〜んばい〜んがあるぜ。
コンピューターが0と1の並びを命令と解釈する時、
そこにはばい〜んばい〜んがあるぜ。
家を失った者が、
もとから地球が俺の家さと解釈する時、
そこにはばい〜んばい〜んがあるぜ。
生きる者の行為すべてにばい〜んばい〜んは介在するのさ。
これをばい〜んばい〜ん普遍説という。
ばい〜んばい〜んは世界を救えるのか?
この問はナンセンスさ。
むしろばい〜んばい〜んしか世界を救えない。

さあ、弱さしかないどこにでもいる普通の男、
バインバインのばい〜んばい〜んをおまえたちはどうばい〜んばい〜んするのか。
もはやこの大会には当事者しかいない。
覚悟はいいか。
さあ、幕が開くぜ!

え!?印旛沼だったの・・!


[776] Re:[775] [774] ばい〜ん、ばい〜ん 投稿者:黒王 投稿日:2013/02/03(Sun) 20:58  
印旛沼から参戦のバインバイン。
得意技は「沼地」
顔を沼地のようにして言う。
「ばい〜ん、ばい〜ん」

八重歯もハンパねえぞ


[775] Re:[774] ばい〜ん、ばい〜ん 投稿者:r 投稿日:2013/01/31(Thu) 00:29  
これは手強いんで、
返信ちょっと待ってて。


[774] ばい〜ん、ばい〜ん 投稿者:黒王 投稿日:2013/01/30(Wed) 13:00  
ばい〜んばい〜ん大会が始まった。
ばいーん、ばい〜ん、という時の顔を競う。
優勝候補はバインバイン。


[773] Re:[772] 無題 投稿者:r 投稿日:2012/02/01(Wed) 23:24:07  
どういたしましティ。

現在確認されている範囲では、ターミネーターのテーマをティで歌ったものが最強だと言われています。ティリ、ティッティリ・・ティリ、ティッティリ・・俺はー、あーほーだー・・。


[772] 無題 投稿者:黒王 投稿日:2012/02/01(Wed) 12:51  
ありがとう。よくわかりました。

よくメロディーを
”ティーリッティリー♪”(因みにねるねるねるねのやつ)
などと口ずさむ人が居ますが、最強でしょうか?長いメロディーならばなおさら最強でしょうか?


[771] Re:[769] TI 投稿者:r 投稿日:2012/01/31(Tue) 23:25:29  
あはは、確かに最近巷でよく耳にするフレーズですね。
テレビのCMや街角のポスターではこれ見よがしに使われているものの、その実、誰も正確な意味を説明できない秘密めいた言葉、TI。
今日は和歌山で畜産業を営みながら、かたわらで「TIの専門家」または「TIマスター」などと呼ばれている私が、みなさんに正しいTIの概念についてご説明しましょう。

と、その前に、
まずみなさんはTIが何だとお思いですか?
ロバート・デニーロの略ですか?
違いますね。綴りが違います。
新しいスマートフォンの名前ですか?
ありえます。もしあったとしたら「ITでは世界を変えることはできなかったけど、TIなら世界を変えられるんではないか?」はキャッチコピーとしてそのまま使えますね。
本木雅弘が言います。でも違います。
あるいは鳥羽一郎のイニシャルというのはどうでしょう?
合ってますね。間違いではありません。これを答えにしてしまいましょうか。
いいえ、そういうわけにはいきません。

ここで1つ実験をしてみませんか。いやですか?
いやですか。
でもやりますよ。
まず、みなさんの両手の平を前に出してください。
その手でグーパーグーパーをしてください。
そうですその調子です。グーパーグーパーです。
リズムをキープしてください。グーパーグーパー。グーパーグーパー。
グーパーグーパー。
どうですか?手があったかくなってきましたか?
では、この実験はお終いにしましょう。

今、私たちは手のひらでグーパーグーパーとしました。
これはTIとはまったく関係がありません。
TIについて話している人がグーパーグーパーをさせたからと言って、それがTIと関係があるとは限らないのです。
だまされるなっ!

驚かせてしまいましたね。
大丈夫ですよ。安心してください。

さて、TIの話でした。
TIっていったい何でしょう?
ここでいったん別の話をさせていただいてもよろしいでしょうか?
もういやですね。ではやめておきましょう。

それではTIの正しい意味について説明します。
TIというのは「ティ」です。それ以上のものでもそれ以下のものでもありません。
みなさんはレモンティーをご存知でしょうか。
あのレモンと棒の間に挟まれているのがティです。
お分かりですね。
ためしにみなさんレモンティーからティを抜いてみてください。
レモンーですね。
今度喫茶店で「レモンー」と注文してみてください。
はたしてレモンティーはくるでしょうか。くるかもしれません。
五分五分です。店員さんによります。

はい、そこのあなた、何でしょう?
「質問があります」
どうぞ。
「それではティというのは“お茶”ということでよろしいのでしょうか?」
そう来ると思いました。初心者が陥りがちな点ですね。
それならあなたは、ティップネスについてどう思われますか?そこにもティがありますよ。
間にあるとは限りません。先頭だって立派なティです。
アイデンティティなんてどうするんですか?2つも入っています。
後ろに付いてるからってあまく見てはいけません。
気をつけないといけませんね。

TIとは結局ティなんです。それ以上でも以下でもありません。
それではティは世界を変えられるのか?
重要なポイントですね。
答えは是です。大いに変える力をもっているでしょう。
もし、アメリカ大統領のバラク・フセイン・オバマ氏のラストネームが、オバティマだったらどうでしょう。
多少なりとも何かは変わっていたはずです。小さなことがめぐりめぐって場合によっては大統領に選出されなかった可能性すらあります。
大統領に選ばれなかったとしたらいったい何をやっていたでしょうか。
どこかのバーテンダーをしていたかもしれません。
またはタクシー運転手だったかもしれません。
あるいはデパートの婦人服売り場の店員としてオバティマ(おばちゃま)の相手をしていたかもしれません。
それくらいティには世界を変え得る力があるのです。
もう私の言いたいことはわかりますね。
そうです。あなた方1人1人にも世界を変える大きな力が秘められているのです。
あなた方1人1人がティなのです。
そんなかけがえのないティの1人であるあなたがレモンと棒の間に入ってごらんなさい。
後ろに、ップネスを付けて御覧なさい。
明日から少しずつ何かが変わっていくはずです。
いや、変わらないかもしれません。
五分五分です。
残念ながらレモンティーがくる確率に勝ることはないでげす。

これくらいでいい?


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
処理 記事No 削除キー
- LightBoard Antispam Version -